自然木と共に自然体

住まいを移し会社勤めから一転、脱サラ木工作家のパートナーとなりました。知らない土地、知らない世界を日々模索している「ちゃあちゃん&ふじやん」の暮らし、素直に感じたことなどをご紹介しようと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

今朝の「とくダネ!」を見て

日本中、世界中が救援・救助活動を行っている中
現地の様子を知るのは、テレビやラジオから。

実際の被災者などは、どうやって情報を得ているんだろう
という疑問。

次々と救援物資を提供されているニュースを聞くのに
現地では、3日間も何も食べていない人がいるという。

トップのリーダーシップ次第で、良くも悪くもなる現実。

人手も足りず、ご家族をご自分たちで探し続ける被災者家族。

今朝の「とくダネ!」には、取材中の笠井アナがおじいちゃんと男の子に出会い
その小学生の男の子の母親を探して、ついに車の中で発見するという、
衝撃的な映像が映し出されていました。

とてもつらい現実。。。

悲しみ以外何がある?と思ってしまいそうな中
そのご家族は、気丈にも
「遺体さえみつからないご家族を思うと私たちは、、、」
と、声を詰まらせていらっしゃいました。

世界中で、日本人はきっと立ち直れると信じている

というようなメッセージが発信され、たくさんの人たちに支えられている
と強く感じられるのに、被災地にはなかなか電波でも
救援物資でも届いてないような現状に
日本のリーダーシップを取っている方々へ不信感を持ってしまいます。

子供たちの笑顔が、一日でも早く取り戻せますように・・・

被災者の方々の暮らしが、一日でも早く取り戻せますように・・・

バラバラになったご家族が、一日でも早く再会できますように・・・


被災地の一日も早い復旧復興を、強く願っております。。。

【一枚板】手作り・オーダー家具なら ぎゃらりーふじやん
スポンサーサイト
[ 2011/03/17 11:58 ] ちゃあちゃんの日記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。