自然木と共に自然体

住まいを移し会社勤めから一転、脱サラ木工作家のパートナーとなりました。知らない土地、知らない世界を日々模索している「ちゃあちゃん&ふじやん」の暮らし、素直に感じたことなどをご紹介しようと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

もちつき

この冬は、「もちつき」のお手伝いを
2回させていただき、貴重な体験となりました!

写真は、地元の小学校のお手伝いの時のものです。

もちつき


こちらの小学校では、毎年4年生が「もち米」を
田植えから収穫まで、全部担当し
最後は、もちつきをして頂くそうです。

もちつき1


地元の青年部の方々のご指導の元
良いもち米が育ち、大成功だったようです。

このおもちを全校生徒が分けてもらい、ありがたく頂いているそうですが
やはり、自分たちの手で育てて、食べることができる4年生が
一番美味しく食べれているでしょうね

私は、ちょうど定休日だったので、お手伝いに行ったのですが
おもちを丸める作業が毎年大変ということです

温かい間に、さっと丸めなければ、固くなってしまい
ひとつにまとまらなくなってしまいます。

体験してみて、その大変さがわかります。

子供たちから感謝状が青年部の方たちに渡され

もちつき2


感謝の気持ちを込めて4年生全員から
リコーダーの演奏が贈られました

もちつき3


早速つきたてのお餅を頂きました
2つはきなこ餅、1つは何もつけずにそのままの味を堪能しました。

もちつき4


普段体験することのない、貴重な時間を頂き
ありがとうございました!
そして、ご馳走様でした

【一枚板】手作り家具・オーダー家具なら ぎゃらりーふじやん
スポンサーサイト
[ 2013/01/13 13:13 ] 木に囲まれた暮らし | TB(0) | CM(2)
美味しかったでしょうね!
自分たちの手で育てたもち米をついて、出来たてのお餅美味しかった
でしょうね!
青年部と子供たちとの交流、リコーダー演奏などいい雰囲気ですね。
お疲れ様でした!
[ 2013/01/15 21:52 ] [ 編集 ]
アユバア様
福岡に引っ越してから毎年体験することになる「もちつき」
地元ならではのイベントでしょうね。
鮮度が命というように、おもちはつきたてが一番ですね!
[ 2013/01/16 08:08 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。